あいにゃん大好きブログ

ウエストストレッチで効果的に痩せる

ウエストというのは、他の部位に比べてダイエットの効果が出やすく、痩せやすい場所だと言われています。
ストレッチを取り入れて、ウエストダイエットに挑戦し、理想のウエストラインに近づけましょう。
なお、ストレッチをする場合、気をつけたい点があります。
ストレッチをする際には、必ず息を吐きながら曲げ、息を吸いながら元の状態に戻りましょう。

 

ウエストストレッチのいくつかを紹介します。
プロテインダイエットの効果とリバウンドを防ぐ方法

 

プロテインダイエットは優れた効果もあれば、リバウンドする確率が高いダイエット方法でもあります。プロテインダイエットの効果として優れている点、そしてプロテインダイエットをどのように活用すれば、最もリバウンドしにくくなるのかについて解説します。

 

プロテインダイエットの主成分としてプロテインが挙げられます。プロテインはたんぱく質の英語名で、たんぱく質はダイエットに必要な成分です。

 

プロテインが配合されているか配合されていないかは、他の置き換えダイエット(プロテインが配合されていないダイエットドリンクや酵素ドリンクなど)とプロテインダイエットを明確に分ける特徴です。

 

なぜプロテインがダイエットに必要な成分であるのかというと、プロテイン(たんぱく質)が筋肉の主成分だからです。プロテインを摂取しなければ体が筋肉を作ることができません。筋肉は体の基礎代謝を上げるために必要であり、筋肉の量が増えれば基礎代謝が上がり、筋肉の量が減れば基礎代謝が低下します。

 

置き換えダイエットは摂取カロリーを減らすダイエット方法です。1日の総摂取カロリーに比べて、1日の総消費カロリーの方が上回れば痩せます。しかし痩せる時には脂肪と一緒に必ず筋肉が失われます。

 

摂取カロリーとプロテインの両方の摂取量を減らして痩せた場合、筋肉が大きく減って基礎代謝が大幅に低下します。断食で痩せればリバウンドしやすい理由の1つはこれで、酵素ドリンクやプロテインが配合されていないダイエットドリンクで痩せた場合も基礎代謝が大幅に低下します。

 

立った状態で行えるウエストストレッチなら、簡単に行えるので続けやすいと思うので紹介します。
両足は肩幅程度に開き、体の中に一本の棒が通っているイメージを持ってまっすぐに立ちます。これが基本姿勢となります。
次に、両手を体の前に持ってきて組み、息を吐きながらそのまま頭の上に手を伸ばし、掌が上を向いている形で体を伸ばします。
この状態で、体を伸ばせるだけ上に伸ばしていきます。
伸ばせるだけ伸ばしたら、今度は息を吸いながら元の状態に戻ります。
ストレッチ効果を高めるために、ゆっくり呼吸しながらするようにしましょう。
しかし、摂取カロリーは減らすけどプロテインは十分な量を補った痩せ方をした場合、筋肉の減少量が抑制されて基礎代謝の低下もその分だけ少なくなります。プロテインダイエットにはプロテインが十分に配合されているので、プロテインを摂取しない場合と比べて基礎代謝の低下量を抑制できるわけです。

 

プロテインダイエットの実践者は高確率でリバウンドしています。そこで、リバウンドせずにプロテインダイエットを成功させる具体策について解説します。

 

プロテインダイエットは痩せ方を間違えれば欠点が大きく目立つダイエット方法になります。プロテインダイエットの間違った痩せ方とは、短期間で一気に体重を落としすぎることです。

 

1日1食の置き換えではそれほどそれほど大きく痩せることはないと思いますが、1日2食や1日3食も置き換えれば短期間でかなり体重は落ちると思います。しかしこれをやってしまうと一気にリバウンドする可能性が高くなります。

 

1か月に落としてよい体重は、現在の体重の5%程度と言われています。現在体重が60キロであれば、1か月に3キロ以上落としてはならないということです。1か月に5%以上体重を落とすとリバウンドする可能性が高くなるからです。

 

もし体重60キロの人が必死に頑張って1日3食をプロテインダイエットに置き換えて1か月に6キロのダイエットに成功した場合、翌月または近いうちに体重60キロ付近までリバウンドする可能性は高いです。そしてずっとプロテインダイエットから抜け出せない悪循環にはまることとなります。

 

プロテインダイエットをやめた後に過食してしまう原因の1つには、体重を短期間で一気に落としすぎたことが関係しています。

 

体はゆっくりした変化には適応しますが、急な変化には適応しにくい構造になっています。毎月1%程度しか体重を減らさないゆっくりペースのダイエットなら、リバウンドする可能性はグッと低くなります。

 

 

今度は、基本姿勢から伸ばした手を横に傾けていきましょう。
ウエストで体が横に折れ曲がるようなイメージです。
横腹が痩せる効果がありますが、あまり急に曲げてしまうと腰を痛めることがあるので、ゆっくり行うようにしましょう。
左右両方を行い、次は上半身を大きく回します。
痩せるためには、ウエストでストレッチを行うようにします。
腕を耳の横を通るようにまっすぐ上に伸ばし、体をねじってしまわないようにし、体をまっすぐに保つことが大切です。

 

もっと簡単でいつでもできる、正面を向いたまま腰を捻るストレッチもあります。
足を肩幅に開いたら腰を軽く落とし、腰のみを左右に回すだけです。
腰回り全体が痩せる方法でもあるので、合わせて実践してみましょう。